-器具がたくさんあるけど、はかりは使わない編-
自分で入れたコーヒーと本で幸せなひと時を

今回は、ribuから紹介します!

必要なもの

コーヒー豆
お湯(沸騰させておきましょう)
ケトル
グラインダー
ドリッパー
フィルター
カップ

 

①コーヒー豆を選ぶ

酸味のあるコーヒー、コクの深いコーヒー、、
たくさんありますが、
その時の気分や雰囲気に合わせてコーヒーを選ぶのも素敵ですよね!

②コーヒー豆を量る

10gを秤またはコーヒースクープで計量しましょう。

③コーヒー豆を挽く

中細挽きを目安にコーヒーを挽きましょう。
グラインダーで推奨されている挽き目具合がGOODです!

④器具をセットする

サーバー、ドリッパー、ペーパーフィルターを用意します。
ペーパーフィルターは側面を一度折ってからセットしましょう。
お湯をかけておくとフィルターを洗浄できたり、
器具を温めることができるのでお勧めです!

⑤お湯をケトルに入れる

沸かしたお湯を170mLケトルに入れます。
⚠︎熱いので火傷に注意です!

⑥コーヒーを淹れるー蒸らすー

まずはコーヒーの粉全体にお湯がかかるように回しかけ、
心の中で20秒数えます。

⑦コーヒーを淹れる ー3投に分けるー

ここから、3回に分けて注いでいきます。
中心から外側、外側から中心、、
と全体にお湯がバランスよくかかることを意識しましょう。

⑧コーヒーを注ぐ

コーヒーが全て落ち切ったら、ドリッパーを外します。
攪拌してからカップに注ぎます。
飲んでみて濃い!!と感じたら少しお湯を注ぎましょう。

⑨コーヒーを飲む

音楽をかけて、本を片手にコーヒーを飲む。
そんな時間はゆったりとしていて忙しい日常を彩ってくれると思います。
ぜひ自分で入れたコーヒーで幸せな時間を。


こちらに記載したレシピや動画は、12月19日に「熊谷 街 妄想 ワークショップ」にて、
【セルフコーヒー】として実際に紹介したものとなっております!