ミルクとコーヒーのはなし。

こんにちは、ゆうです。
気を抜いたら倒れてしまいそうな暑さと戦う毎日です、、皆さんも水分補給はお忘れなく!!

さて今回は、質問されることが多いミルクとコーヒーのドリンクについて紹介していきたいと思います!
カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ…とカフェのメニューには色々と並んでいますが、一体何が違うの?ってちょっと聞きにくいですよね(笑)。
というわけで、ミルクを使ったドリンクの種類を見ていきましょう!
今回取り上げるのは
・カフェオレ
・カフェラテ
・カプチーノ
・カフェモカ

の4種類です。

シンプルに表現すると、こんな感じ。

カフェオレ=【コーヒー+ミルク】

 

カフェラテ=【エスプレッソ+ミルク】

 

カプチーノ=【エスプレッソ+フォームミルク】

 

カフェモカ=【エスプレッソ+チョコレート+ミルク

コーヒーにミルクを合わせたのがカフェオレ。お家でも作ることが出来ます。砂糖を少し足すとコーヒーとミルクの馴染みもよく、美味しいですよ!

一方のカフェラテは、同じミルクドリンクではありますが、ベースになるのが「エスプレッソ」というとっても濃いコーヒーです。
強い圧力をかけて急速に抽出するため、
専用のマシンがないとつくることが出来ません。
そんなコーヒー豆のおいしさがぎゅっと詰まったエスプレッソを使ったカフェラテは、濃厚なコク感があるのが特徴。
ホットの場合はきめ細やかに空気を含んだスチームミルクを使います。口当たり滑らかでミルク自体の甘さが感じられる、シンプルながらもお店ごとのこだわりが明確に表れるドリンクです。

カプチーノは、エスプレッソにふわふわのフォームミルクが入ったドリンク。ラテのスチームミルクよりも空気を含む量が多く、口当たりもより柔らかくなります。
フォームミルクをつくるのには基本的にスチーマーを使用するため、カプチーノはホットのみのお店が多いです。でもこの暑い時期だと、時々アイスカプチーノをつくっているお店もありますよ!見つけたらぜひトライしてみてください♪

カフェモカは、先に紹介したカフェラテの中にチョコレートを合わせたもの。甘さの入ったドリンクです。
使用されるチョコレートもお店によってさまざま。ミルクの上からチョコレートソースをかけたり、チョコレートパウダーを使ったり、、。
エスプレッソとチョコレートが合わさることで甘さの中にもしっかりとしたコクを楽しめます。
また、「
モカコーヒー」とか「モカブレンド」っていうのもよく聞くと思いますが、こちらはチョコレートが入ったコーヒー、ってわけではありません!(笑)
ここで言われている「モカ」とはイエメンの港町の名前。コーヒーの貿易で栄え、コーヒー発祥の地とされています。
ややこしいですね(笑)。調べたところによると、カフェモカはそもそもこの「モカ産コーヒー」の味わいに近づけるためにチョコレートを混ぜたのだとか。そう考えるとなんとも不思議な飲み物だなぁと思います(笑)。

いかがでしたか?カフェのメニューに並んだ似た者同士たちを頼み分けるお役に立てればなによりです!
分からなくなったときはぜひお店のバリスタさんに「これなんですか?」って聞いてみてくださいね!みんな喜んで教えてくれるはずですよ:)

それでは、コーヒーと一緒に水分&ミネラル補給もお忘れなく、暑さに打ち勝ちましょう! 

ゆう。

Today's coffee

Typica Tanzania Shinzingo roasted by LIGHT UP COFFEE
クリーンですっきりな口当たりの中に、フレッシュなフルーツ感が楽しめる一杯。 アイスでも豊かな香りが感じられました!